2020年11月20日

11月その3

1113

ファンキーフライデー。何度だって言うけど、毎週金曜、NACK5小林克也『ファンキーフライデーを楽しみで僕は生きている面があります。こんなに大好きなロックが昼間からずっとかかり続けるなんて素敵だよね。

定時ダッシュでパークダイナーへ。お客さんはなしの配信イベント。映像界もいまや群雄割拠。僕ももっともっと面白いこと考えて実行しないと。


1114

一日Tシャツ屋さん。刷る刷る刷る!

夜はしんやと荒川沖庄やで一杯。先週に続きまたここに来てしまった。飲みすぎるんだよなあ、庄やは。(今度また誰か一緒に行こう)


1115

朝一不動産屋にて最終契約。担当の女の子と会えるのが次回の鍵を受け取る時で最後。ちょっと寂しい。

その後、秋の紅葉公園ラン。8kmをゆっくりゆっくりと。洞峰公園は相変わらず素敵な公園だ。日本のセントラルパークと言っても過言ではない。(本物のセントラルパーク行ったことないけど)

夜はパークダイナーにて音響PA。最近、FilterNoteがカッコいいのだ。あと何気に秋のっぽい曲が多い。渋いってのが似合うようになってきたよね。

本日の記録 8km 5118


1116

だれる1日。とりあえずなんとかやり過ごす。体が重いなあと思ったら昨日走ったからでした。筋肉痛が心地いい時ともうだめだ!ってときあるよね。今回は完全に後者。

寝る前にアコギで新曲を作る。いい曲できた。


1117

LALAガーデンのTSUTAYAにて数冊購入。併設されたカフェで買ったばかりの本をゆっくり読む。この年になって読書の秋って言う意味がようやくわかってきた気がする。どう考えたって夏よりはかどるし、読みやすいよね、秋。(でもそれなら春は?笑。読書の春とは言わないもんなあ)


1118

ブレンダーリハ。その後ヨハン氏とのインスタ配信『酔曜日のカルボナラ』。

配信中に飲み過ぎて、そのままバタンキュー。今日は化粧落とさないですぐ寝ちゃうもんね!なんて疲労困憊OLばりにすぐさまベットへイン。


1119

堀江貴文『それでも君はどこにでも行ける』読了。ただの旅行記ではないはずだなんて思ってたらやはりそう。最後の日本の各地の旅行記からの流れは定番のホリエモン節。ってか年間何冊出してるんだ、この人は。

久々に脂っこいものが無性に食べたくなってしまったので、つくばのソウルフード(渡辺翔太調べ)の山水にて替え玉まで頂いて満腹で帰宅。しかし、シラフで食べたのは久々だ。大概いつも酔っ払って食べたくなるよね。



今週もブログ読んでいただきありがとうございました。秋が深まってるよね。そして2020年も間もなくラスト1ヶ月だよね。トライ&エラーしっかりして残り数日過ごすのです。皆さん、良い週末を。

posted by しょーた at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: